SEO対策は、ドメインを取得する瞬間から始まる


ホームページを作ったことがない方は【ドメインとは何ぞや?】と思ってしまうかもしれませんが、ドメインとは【.com】とか【.jp】とかのことだと思って間違いありません。
これらのドメインはURLのおしりの部分につくものであり、【トップレベルドメイン】と呼ばれるドメインです。

ドメインは購入することができるようになっており、【.com】よりも【.jp】の方が3倍ほど高く、大体【.com】が300円、【.jp】が1000円程度となっています。
これらのドメインはロシアのものだと【.lo】、ヨーロッパのモノだと【.eu】となっており、無料レンタルブログだと無料のドメインを取得できるようになっています。

しかし、Googleというのは【関連性】を非常に重視し、上位に出現させるようにする仕組みなので、ただ格好いいだけのドメインにしてしまうと、SEO効果が失われてしまいます。
また、無料ブログなどのドメインを取得すると、そのブログの提供元が消滅した時に、ドメインごと使えなくなってしまうのです。

そうなると、被リンクをたくさん貰っていたとしても、すべて消滅してしまいます。
無料ドメインや【.com】などの安いドメインは、SEOにおいては【賃貸】のようなもの。
逆にお金を掛けて、サイトタイトルと関連性を持たせて取得した独自ドメインは、検索エンジンにおいて【戸建て】の邸宅のような扱いを受けます。

つまり、関連性を持たせる上でも、被リンクを受ける上でも、独自ドメインはSEOにとって非常に重要な意味を持つのです。