RSSは、何に使う為にある?


RSS
【RSS】とは、そのサイトの情報を上手にまとめるための書式です。
RSSは【Rich Site Summary(リッチサイトサマリー)】の略称であり、リッチは【豊富】、サイトサマリーは【要約されたサイト】という意味なので、和訳すると【豊富な情報が要約されたサイト】という意味になります。

続きを読む

Googleのページランク【Page Rank】まとめ


Google ページランク
Googleのページランク(PageRank)とは?
1998年のGoogle設立時、Google の創業者であるラリー ペイジとサーゲイ ブリンが開発したアルゴリズムです。
そのウェブページが持っているリンクの評価を点数化(0・1・2・3・4・5・6・7・8・9・10)したもので、11段階のランクがあり、数値が高い方が評価が高いとされています。

続きを読む

Googleウェブマスターツールを使いこなす為に


GoogleウェブマスターツールGoogleウェブマスターツール】は、Googleアナリティクス同様、自分のサイトのアクセス数を伸ばすために使えるGoogle提供のプログラムです。
無料でカンタンに登録することができるので、SEO対策の為に多くの人が用いているのですが、どうも実際に使ったことがない人は【GoogleアナリティクスとGoogleウェブマスターツールの違いがわからない】と感じがちなようです。

続きを読む

ペンギンとパンダの悪夢


ペンギン・パンダアップデートSEO業界に身を置く方は、よっぽど自信のある方でない限り、【パンダ】、【ペンギン】と聞くと耳をピクッとさせます。
ペンギンアップデートは外的に、パンダアップデートは内的にサイトをチェックしていると言われており、これらのアップデートの後には、いくつかのサイトがごそっと消えます。
消えるというのはどういうことかというと、そのままの意味です。
昨日まで利益を上げていた自分のサイトや、食いつなぐ為の道具としていた大切なサイトが、綺麗に削除されるのです。

続きを読む

アメブロで読者登録を増やす為に必要なブログの基本チェックリスト


アメブロ読者登録アメブロで、読者登録を増やす方法のひとつに、まずはあなたから直接相手のブログに読者登録の依頼をすることから始まります。これにより、あなたのブログの存在を知ってもらうことができ、もしあなたのブログが相手の興味をひくものであれば、相手からも読者登録の依頼がくる可能性が出てきます。

続きを読む

グーグルアドセンスとグーグルアドワーズの違い


google adwords adsenseグーグルアドセンス】と【グーグルアドワーズ】は、どちらも同じグーグル社が出している広告です。
アドワーズとは「広告」を意味する【アド】と、「言葉」を意味する【ワード】を組み合わせて生まれた用語であり、検索されたキーワードに合わせて、購買意欲をそそるような広告を出現させることが、グーグルアドワーズ・グーグルアドセンスの共通項です。

続きを読む

SNSを利用した、SEO対策


ソーシャルネットワークサービス最近では、ソーシャルネットワークへの投稿記事が、テレビニュースで取り上げられることも多く、ソーシャルネットワークの持つ社会的影響力は絶大なものになりつつあります。特に、Twitterの【リツイート機能】は、検索エンジンの検索結果にも多大な影響を及ぼすようになっており、Googleの公式サイトも【Twitterが検索エンジンに与える影響は少なからずある】と認めているのです。

続きを読む

WordPressでのSEO


wordpressここまでSEOにまつわる用語を解説してきましたが、実はこのオンラインの世界においては【すべてのSEOテクニックを駆使したとしても、その効果は大体の場合、70%以下に留まる】ようになっています。
つまり、どれだけテクニックを知り尽くしていたとしても、【検索エンジン最適化に70~80%以上呼応した空間には勝てない】ということになるのですが、では、検索エンジン最適化に80%も呼応してくれる空間があるかというと、実はちゃんとあるのです。

続きを読む

IPアドレスとSEOの濃厚な関係


【IPアドレス】とは、パソコン一台につき一つ与えられる【番地】のようなものです。
IPアドレスがあると、その人がどういったところから来て、どういったサーバーを利用しているのかといったことがわかります。
しかし、わたし達は通常、相手のIPアドレスを知ることはできません。

続きを読む

Bingの国内シェアは2%しかない


bing【Bing(ビング)】は、2009年6月にMicrosoft社がサービスを開始した検索エンジンです。
「そんな検索エンジンあったっけ?」
「あったような気がするけど、使ったことが一度もないような…」
という方も多いかと思われますが、BingはYahoo!とも提携しているため、シェア率を地道に伸ばしつつある検索エンジンの一つになっています。
とはいえ…。

続きを読む